ダイエット方法

ここでは、「ダイエット方法」 に関する記事を紹介しています。
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やせるためにはどうしたらいいでしょうか?


それは、摂取カロリーより消費カロリーが上回るようにすればいいんです。
そうすれば、身体は脂肪を燃焼し、エネルギーとして使います。
ダイエットの基本的な理屈はこうです。


「健康的にやせる」ためには、摂取カロリー < 消費カロリーの状態にするにはどうしたらいいか?
一番手っ取り早いのは、摂取カロリーを抑えることです。
つまり、食事制限をするんです。


極端な話、何も食べなければ摂取カロリーはゼロに抑えることができますね。
そうすれば摂取カロリー < 消費カロリーになり、
短期間でもやせていくでしょう。


でも、それは基本ダメな方法です。


そもそもダイエットは健康的にやせることをやらないと、意味がないですね。
極端な食事制限によるダイエットは、拒食症や過食症を起こしたり、
胃腸を壊したり、肌が荒れたり、女性なら生理が止まったり、
いろいろな弊害を引き起こす原因になります。


それでも、「健康なんてどうでもいいよ」という人もいるかもしれませんね。
では、食事制限のみのダイエットはリバウンドする可能性が高いとしたらどうでしょう?
一時的に体重が落ちたとしても、すぐにまた元の体重になってしまうとしたらどうでしょう?
そんなダイエット、意味がないですよね?


健康的にやせるためには、まず自分の適正体重を知って、
さらに適度なやせるサイクルを持つ必要があります。


また、単なる食事制限だけでなく、適度な運動も絶対に必要なんです。


摂取カロリーもただ減らせばいいというものではありません。
適度に減らして、さらに栄養バランスにもある程度気を使う必要もあります。


さらに、リバウンドを避けるためには、運動も必要不可欠です。
運動は、脂肪燃焼に効果的なだけでなく、太りにくい体質にしてくれます。




★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ







スポンサーサイト
体脂肪1kgには、女性が優に3日は暮らせるエネルギーが含まれているので、
1日後、数時間後に急に脂肪を減らすなどと言うことは、
体脂肪を外科的に除去する以外は方法がないです。


しかし、一時的で良いので、見かけの体重や体型をもう少し何とかしたい
という話であれば、全く方法がないというわけではありません。


今日は、そんな瞬間ダイエットのお話をしたいと思います。


人間の体の半分以上は血液を含む水分です。
つまり、この水分を減らしてやれば”見かけの”体重を減らすことは
そう難しくはありません。


実は、体の水分量を変えれば、見せかけの体重は簡単に変わります。
人は毎日およそ1~2リットルの水分を飲料水やお茶、スープなどの液体から摂っています。
つまり、これらの液体の摂取量を減らせばその分体は軽い脱水を起こし
見かけの体重が減っていきます。


また、液体以外でもご飯や麺類、煮物などの水分量が多い
固形の食品を摂るのを控えれば、さらにそれらから入る水分が減って
見せかけの体重は一時的ではありますが、減っていきます。


具体的には汗をかくことです。
運動やサウナなどの汗をかく施設で汗をかけば、
その分、見せかけの体重は減っていきます。
体内にどれくらい余分な水分があるかにもよりますが、
1リットル程度の水分が汗として排出されることは良くあることなんです。


すなわち1キロ程度なら汗をかくことで、
見かけの体重を減らすことは可能なんです。


また、汗をかかなくても気温が高く呼吸量が増える場所、
乾燥した場所などにいると不感蒸散(ふかんじょうさん)や不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と
呼ばれる皮膚や呼気からの水分排出が促進されます。
このような場所も一時的に見せかけの体重を減らすためには役に立つでしょう。


ただし、上記の方法で見かけの体重を減らすのは健康的かといえば、
答えは「ノー」です。
ご紹介しておきながらなんですが、知識として知るにとどめておくことをおすすめします。




★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ







今日は実際に効果のあったおすすめなダイエット法を教えます☆


◆筋トレをやると、脂肪分解酵素リパーゼが増えます。
筋トレ後にプロテインを摂取して筋肉の回復に努めると、
筋肉が太くなり基礎代謝が上がります。
体型も姿勢も良くなります。
太腿/背中/胸/腹筋 の優先順位で、週2回行います。


◆朝起きたらブラックコーヒー(カロリーゼロ)でカフェインを摂取し、
効いてくるまでの時間でストレッチを実施します。
血糖値が低いので、すい臓からグルカゴンというホルモンが分泌され、
リパーゼを活性化して、備蓄である体脂肪を遊離脂肪酸に分解します。
このタイミングでウォーキングやジョギングを1時間位やりましょう!
体脂肪がジャンジャン消費されます。
昼食前や夕食前でも、空腹を感じている時であれば、同じ効果が得られます。
生活に合わせて毎日実行しましょう。


◆運動しても食事で取り戻しては何にもなりません。
プロレスラーや関取が良い例です。
次のものは食べてはいけません。

脂身/鶏肉の皮/霜降り肉
バター/マーガリン/ジャム
天ぷら/フライ/カツ
甘い缶コーヒー/甘い清涼飲料水
スナック菓子/洋菓子/アイスクリーム
マヨネーズ/ドレッシング

逆に、魚系/大豆系/雑穀系/海草系/野菜系 を積極的に食べましょう。
和食にシフトし、ご飯と味噌汁、魚系のおかず、野菜系のおかずに切り替えましょう。

筋トレ/有酸素/食事制限の三位一体でダイエットは大成功となります。
コツがわかれば「いくらでも痩せられる」と錯覚するほどです。
しかし、極端な食事制限は長期間続きません。
「3ヶ月徹底的に制限して、その後は普通未満に食べる。」
ぐらいが成功の秘訣です。




★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。