基礎代謝

ここでは、「基礎代謝」 に関する記事を紹介しています。
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイエット方法は色々あり、今では簡単にやせられる、食べるだけで痩せられる、
すぐ痩せられるなど、数多くのダイエット方法がありますね。


でも、場合によっては身体に大きな影響を及ぼす場合もありますので、
十分注意が必要です。


そこで今日は、新陳代謝を高める安全な運動を紹介します。
それにはまず、足のうっ血を改善する必要があります。


そのためには足の下に座布団をあて、
足の上にもタオルなどクッションになるものをおき、
うつぶせになります。


もう一人はイスにつかまり、圧力を調整しやさしく踏んでいきます。
うつ伏せで心臓と同じ高さにすることにより、状態がよくなるので、
うっ血がよくなります。


これでうっ血がよくなり、血行促進を図り、
新陳代謝を高めることができるので、オススメです^^




★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ







スポンサーサイト
1、基礎代謝とは、人間が生きているだけで消費するエネルギーのことです。
心臓を動かしたり、呼吸したり、身体の細胞を新しく作ったりするときに
使うエネルギーのことです。


基礎代謝は、
成人男性は1500kcal
成人女性は1200kcal
を基本一日に消費します。


これは、人が一日に消費するエネルギーの約70%に当たるんです!


つまり、人間が消費するエネルギーのほとんどは基礎代謝であるということがわかりますね。
一日ごろごろ過ごしても消費されるのが基礎代謝なので、
これを上げることがダイエットに繋がることは容易に分かりますね。


次は、基礎代謝の上げ方を解説しようと思います。



2、代謝は、簡単に言うと、「身体の中の化学反応」です。


化学反応が起きるときは、必ず何らかのエネルギーが消費されます。
例えば、筋肉を動かすのも代謝、食べ物を消化するのも代謝、食べ物を口から、
胃、腸と送っていくのも代謝、脳を使って考えるのも代謝。
身体が行っていることすべてが代謝といってもいいでしょう。


代謝が衰えると太ったりしますよね。
あれは、身体の中で起きる代謝の量や質が落ちて、
エネルギーの消費が少なくなったってことなんです。


もう一度いいますよ。
代謝は
「身体の中のエネルギーを消費する化学反応」


こういう風に覚えておくといいのではないでしょうか(^-^)



3、基礎代謝を上げる場合、筋肉を鍛えることが効果的です。
というのも、基礎代謝の内、筋肉が占める割合は、40%もあるからです。


しかも、筋肉以外は、胃腸や腎臓、心臓、肝臓、秘蔵、脳などの内臓が40%を占めています。
内臓を活発に働かせることができれば、
確かに基礎代謝を増やすことはできるようですが、
やはり、筋肉を鍛えることが効率良く、基礎代謝を上げる方法です。


しかし筋肉を鍛えるといっても、どこの筋肉を鍛えてもいいという物ではありません。
まぁ、どこの筋肉を鍛えても基礎代謝は上がるのですが、男性はいいといしても、
女性はムキムキになったら困りますよね。
だから、鍛えてもムキムキにならずに、むしろカッコ良く見えるような筋肉を鍛える必要があります。


それはずばり「姿勢筋」です!!!


姿勢筋とは、骨格筋とか、その他色々な呼び方がありますが、
要するに、身体を支えている筋肉です。
走ったり、重たいもの持ったりと特別なことをしているときではなく、
ただ座ったり、立ったりするときに使う筋肉です。


この姿勢筋が鍛えられていないと、猫背になったりします。
それにこの姿勢筋は、外から見えにくい骨盤の周りや背中などにあるので、
ちょっとやそっと鍛えたくらいでは、ちょっと細くなったという印象は受けても、
ムキムキにはなりません。
当たり前ですね、良く見えないんですから^^


姿勢筋以外では、大胸筋とか、お尻の筋肉とか鍛えるといいですね。
バストアップやヒップアップになりますしね。
この筋肉は男でも鍛えているほうがいいです。
なんていっても、胸板が薄かったり、お尻がたれていると、
Tシャツは似合わんし、ジーパンはかっこ悪いしで、いい事ないです。


ということで、基礎代謝アップのついでに、スタイルも良くしましょう!


習慣化すると意外と簡単にダイエットできるのがわかりますよ~
やらない手はありませんね。
騙されたと思って頑張ってみてください!


★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。