ダイエット用語集

ここでは、「ダイエット用語集」 に関する記事を紹介しています。
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■代謝
食事を摂り、エネルギーが体内で利用され排出されるまでの工程の事。


■基礎代謝
生命を維持する為の必要最低限のエネルギー量の事。
年齢・性別・体格などによって多少異なる。


■体脂肪率
体にどの位脂肪があるかの割合。
平均的には男性15~19%、女性20~25%程度、
正確な数値は大掛かりな装置が必要になる。
家庭用に小型な物もありますが差ほど正確ではない。


■サプリメント
健康食品、栄養補助食品、略してサプリなどと呼ばれる事もある。
今の食物は栄養価が低くなっている傾向にある。
現代人の食生活はバランス的に良くない為に
大抵の人が摂取の必要があるとされています。


■脂肪
油で常温温度で固形の物をさす。
生物の貯蔵物でもあり重要なエネルギー源、
1グラム9キロカロリー。


■骨粗しょう症
ミネラル不足により骨の密度が低下してしまう事。
35~40歳程度になると、徐々に骨密度は低下しますので、
若い頃からの理想的な食事や適度な運動が鍵になっている。


■BMI
body mass index (体の大きさの指標)の事。
標準体重を求めるのに使い、医学的にもよく使われる方式。
BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗で求められます。
たとえば身長160cm体重50kgだったら50÷(1.6×1.6)=19.53。
この方式で「22」が標準体重とされています。
なので、身長160cmの人ならば1.6×1.6×22=56.32が標準体重です。


■アミノ酸
タンパク質が体内で利用出来るように酵素で分解された物。
食物繊維 消化吸収できない物質、腸の掃除屋、便秘の人は意識して取りましょう。
乳酸 運動などで筋肉をある程度の強度で使うと発生する物質、
筋肉がエネルギーを使った後の燃料のカスといった物、
筋肉痛や疲労を感じるのは乳酸がある為で、これをすみやかに排出出来れば
スポーツ選手などの能力は上がります、
軽い運動やストレッチ、ビタミンB群の摂取などで効果があるようです。


■キトサン
動物性の食物繊維、動物性としては唯一の物。
インシュリン すい臓から分泌されるホルモン、血液中の糖の量をコントロールする役目、
食事をとった時のエネルギーを筋肉や各細胞に送り込んだり、
それでも余った場合は脂肪として蓄えてくれます。
このホルモンの働きが弱っていると血液中の糖の量が適正にコントロール出来なくなり、
血糖値が高くなったままになってしまったりします。
よく言われる糖尿病という奴です。


■日光浴
健康な方であれば心身のバランスの為にも全く日光に当たらないのはお勧め出来ません。
体内にビタミンDを作り出す事もしますので、
ビタミンD=カルシウムの吸収を助ける=骨の健康になります。


■プロテイン
一般的にはタンパク質をさす。
販売されている粉末もタンパク質の補給用として売られています。
筋肉組織を形成する成分なので運動などをしている人は
飲むとより高い効果が得られる場合があります。


■過食症
自制困難な食欲により一定の時間内に大量の食物を食べては、嘔吐したり下剤を利用する。
また別の日には絶食したりする事がある。
極端に物を食べないのは拒食症と言われるが拒食症とも関係が深い。
心理的ストレスが原因となっていることが多い。


■停滞期
ダイエットで食事制限や運動を始めて、最初の頃は数キロ簡単に落ちるけど、
一定期間(1~2ヶ月)たつと全く落ちなくなる事がある事。
実際には増えてしまう人もいる。
体が自己防衛に入り基礎代謝を下げる為におこると考えられている。
一般的に停滞期は2週間~1ヶ月位の為に、それを乗り越えれば
ダイエットの効果が出る場合があるので、落ちなくなったからと言って
焦ったりしないことの方が大切。


■足指ダイエット
足の指にリングやゴムバンドなどをつけ歩いたり仰向けに寝るだけで、
骨盤の広がりを矯正してお尻やウェストなどについたたるみが取れるという物です。
5分程度やるだけで、両足の内側へ負荷がかかり、外側にかかっていた負担が、
外側、内側ともにバランスよくなり、その結果、開いてしまった骨盤が正しい位置に戻ります。
そして、腹筋の働きが、良くなってウエストも引き締めてくれる訳です。
骨盤の矯正という意味では骨盤ダイエットの一種と言えるでしょう。
効能や使用方法は、商品によって違いがありますが、
現在は、ゲルマニウム効果や温浴効果、トルマリン効果が期待できる物も出てます。
安価に手に入る物ですので一度試されるのもいいかと思います。


■アドレナリン
神経伝達物質のひとつで、興奮すると血液中に分泌されるホルモンの事。
アドレナリンは、エネルギー代謝を高め、脂肪燃焼の効率を良くするのでダイエットには、
重要な成分の一つです。


■アロイン
アロエの葉皮に含まれる薬用成分の一つで便通効果に優れています。
イヌリン イヌリンは、菊芋に10%~12%程含まれている食物繊維です。
その他にもごぼうやたんぽぽ、あざみ等にもふくまれていますが、
菊芋がもっとも多く含まれているようです。
イヌリンには、糖質の吸収を抑制して、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。
つまりインシュリンの分泌量を低下させてくれるのです。
インシュリンの過度の分泌を抑える事で脂肪の蓄積をなくし
糖質の代謝を促進しますので太りにくいと言う事になります。
更にイヌリンの食物繊維成分は、排泄を促して、便秘にも効果があり、
腸内で糖質や中性脂肪の吸収を防ぐ働きもあります。
今の食生活を変えずにイヌリンをサプリメント等で、食前または、食後に摂取する事で、
手軽にダイエットできます。


■メタボリック症候群
内臓脂肪の蓄積が主な原因で、狭心症、急性心筋梗塞、脳梗塞などの
生命に関わる心血管疾患発症の増加をさして
これらの人々をメタボリック症候群と呼ばれていますが、
腹囲の基準に加えて、高脂血症、糖尿病、高血圧のうち2つ以上に該当すると
メタボリック症候群と診断されます。


■ナイアシン
炭水化物や脂肪を分解するのに不可欠の成分で、不足すると口内炎、
皮膚の炎症や下痢を起こしやすくなる。
お酒をたくさん飲むと大量に消費され不足し易くなります。
昔は、ビタミンB3と呼ばれていました。


■内臓脂肪
腹筋の内側、内臓の周囲につく脂肪のことです。


■オリゴ糖
砂糖の約半分の低カロリーの糖で、腸内ビフィズス菌を活発にする効果があります。
基礎代謝 生命を維持するために最低限必要なエネルギーの事です。
一日の消費エネルギーの約7割が基礎代謝と言われています。
基礎代謝の高い人は、太りにくく基礎代謝の低い人は、
比較的太りやすい体質ということが言えます。
筋肉を増やす事により基礎代謝を増やす事ができます。


■ケルセチン
別名をビタミンPといいます。
フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種で、
柑橘類やリンゴ、緑茶やタマネギに含まれており、
ビタミンCの吸収を助ける働きがある事が知られています。
その他に脂肪吸収を抑制したり、抗酸化作用や抗ガン作用も確認されています。


■脂質代謝 脂質代謝とは、脂質が体のエネルギー源となったり、
細胞やホルモン合成の源になって体内で代謝されたりする一連のサイクルの事を言います。



★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。