キャベツの栄養素

ここでは、「キャベツの栄養素」 に関する記事を紹介しています。
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はキャベツダイエットの骨子である、
キャベツのことについて勉強しましょう。


キャベツの栄養価は、特に水溶性のビタミンCに優れているところです。
水溶性のビタミンの多くは熱に弱く壊れやすいうえ、洗うだけでも栄養が
流れ出てしまいます。
サラダで摂るのが一般的ですが、
熱を加えて調理することで「かさ」が減って
大量に取ることができるため、
食物繊維などは多量に取ることが可能になります。


  ★ビタミンC★

淡色野菜の中でもビタミンCの含有量が多いです。
熱に弱いので調理するより生で食べる方が
効率よく摂ることができますが、
特にキャベツは芯の周りに多く含まれているため、
熱を加えて調理することで食べやすくなることもあります。


★ビタミンK★

血液凝固作用があるので、胃腸に潰瘍を患ったときには
出血を抑える働きが期待できます。
こちらは脂溶性のビタミンです。


★ビタミンU★

あまり聞かないビタミンですよね。
  ビタミンUの別名は胃腸薬で有名な「キャベジン」。
名前から関連がありそうだと感じていた人も多いと思いますが、
アメリカでキャベツの中から発見されたことにより
この名前がつけられました。
主に胃壁の粘膜を保護し、
潰瘍や出血などを予防する働きがあります。
ビタミンと名前がついていますが、人間の体内でも合成ができる
物質群のことを「ビタミン様物質」といい、そのひとつです。



★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ






スポンサーサイト
この記事へのコメント
トミユリさんお菓子大好きハンターのスナックです。

昨日、私のブログに立ち寄ってくれたみたいでありがとうございます。

トミユリさんのブログ素敵ですね!

明るい印象が強く残りますし、健康情報が得られるのでいいですね。

また遊びに来ますね!
2009/05/31(日) 09:33 | URL | お菓子大好きハンター #-[ 編集]
ごらんいただきまして有難うございます。

なかなか興味深い内容ですね・・・

又 来ます・・・
2009/05/31(日) 19:42 | URL | カオリン #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomiyuri.blog62.fc2.com/tb.php/40-4feeacad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。