足に負担がかからないダイエット方法

ここでは、「足に負担がかからないダイエット方法」 に関する記事を紹介しています。
           
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十分な有酸素運動を終えた後でもしばらくは脂肪が燃え続けるそうです。


運動後、すぐにサウナやお風呂に入らないで、
しばらく時間を置いて、落ち着いてから(しっかり脂肪を燃やしてから)がいいそうです。


筋トレは軽い荷重で多い回数やったほうがいいとされてます。
回数よりも荷重を優先すると、ボディービルダーのトレーニングになってしまいますよ^^


                      ★抗重力筋とは★​

これは常に重力に抵抗している筋肉で、
主に赤筋という筋肉で出来ているので持久力があり、
疲れにくいです。


これが衰えると基礎代謝も衰えますから、横になっている時間が増えたとか、
長時間、同じ姿勢を保つような場面が少なくなっているのではないかと思います。


体重が増えているのに、体脂肪率に変化が無いということは、
体脂肪が増えているということですから、
やはり基礎代謝の低下なんだと思います。


                     ★有酸素運動★

有酸素運動がダイエットに有効なのは、
有酸素運動をすると脂肪細胞を分解する酵素リパーゼが分泌され、
その分解された脂肪酸をエネルギーとして消費するのが「赤筋」だからです。
なので、赤筋が増えれば、太りにくい体質になるといえます。


赤筋は、鍛えても太くならず、むしろマラソン選手のような
「こんなに痩せててオリンピック選手かよ!」くらいの引き締まった体系を作ります。


なので、筋肉にはガッチリ体系を作る「白筋」と、
絞り系の「赤筋」がありますので、
赤筋を鍛えるのが良いです。
​​

赤筋を鍛えるには低負荷で、持続した運動をするのが一番なので、
歩けるのでしたら、徹底的に「正しい歩き方」を維持するのも効果的だと思います。


踵から着地して、つま先で蹴る、つま先をあげる角度、つま先の出方、腕の振り方、
ちゃんと勉強すると、大変、奥が深いですし、キチンとやると疲れます。


あとは「太極拳(簡化二十四式)」なんかの、
腹が立つほどゆっくりした動作の運動も有効ですし、
座禅、書道なんかの持続した姿勢も大切です。


なので、どちらかというと、運動はしないで、生活の中の全ての動きを意識して、
丁寧に「正しい姿勢」ですることが基礎になってくると思います。


これを心がけていれば、脳の中の癒し神経系も活発になってきますので、
ダイエットにも、メンタルヘルスにも効いてくると思います。




★足やせダイエットをする女性が急増中!!!★トップへ







スポンサーサイト
この記事へのコメント
こんにちは。
ダイエットも奥が深いんですね
筋肉トレーニングの話は
特に参考になりました
体脂肪率増えないように
頑張りたいと思いました
また来ますね
2009/10/23(金) 13:48 | URL | ダイエット中のユキ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tomiyuri.blog62.fc2.com/tb.php/79-fabcfb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。